■公式サイト:http://www.toyculture.org/liccaparis/

日本で誕生し世代を越えて、絶大な人気を誇り、
愛され遊び継がれて来た着せ替え人形「リカちゃん」が、2017年に50周年を迎えます。
それに先駆けて、Kawaii代表として「リカちゃん」の展覧会をフランス・パリで初めて開催します。

本展覧会は、日本人の美意識 "Kawaii" を表現した「リカちゃん」約100体を通じて、
それぞれのドールの持つ "美" "夢" "未来"等、
その奥深い魅力を存分に堪能していただき、
合わせて、「リカちゃん」が日本の女の子と歩んできた50年の夢、憧れの変遷等を
パネルで紹介する事で来場者の日本への興味、共感、愛情の喚起につながればと思っています。

「リカちゃん」は、父にフランス人の音楽家ピエール、
母に日本人のデザイナー織江を持つ、日本とフランスのハーフの女の子です。
そして、フランスへの憧れが「リカちゃん」の世界には現れています。

4つのコーナーのうち、
とりわけ<フレンチ・ドリーム・イン・ジャパン>のコーナーでは、
フランスへの愛情が込められた特別なリカちゃんが紹介されます。


【開催概要】
■名称:Licca ~ Symbol of Kawaii
■会期 : 2016年12月6日(火)~17日(土)12:00~20:00 (期間中休みなし)
    ※12月6日(火)のみ 夕刻、内覧会
■会場 : パリ日本文化会館 0階 情報展示スペース パリ日本文化会館 公式サイト
    101Bis Quai Branly, 75015 Paris,FRANCE
    TEL:+33 1 44 37 95 01
■主催 : 日本玩具文化財団
■特別協力 : 学校法人文化学園 文化服装学院、ピエール・エルメ・パリ、メレリオ・ディ・メレイ
■後援 : 日本大使館(申請中)
■公式サイト:http://www.toyculture.org/liccaparis/