日本玩具文化財団トップページ

おもちゃ情報

知る・考える

見る・体験する

参加する・貢献する

買う・楽しむ

人形の歴史

ファッションドールとは・・・・

着せ替え衣装をもった人形たちの総称。

それまでのベビードールや抱き人形と一線を画し、年齢はハイティーンにキャラクター設定され、ドレスやアクセサリー、 小物にいたるまで「おしゃれ」をキーワードに構成されている。

代表格といえるものは、1959年アメリカ マテル社のバービー・ドール。

アメリカで大流行となったバービー・ドールは世界中に大きな影響をあたえ、日本を含め、世界中でさまざまなファッションドールが登場した。 それらは、地域文化によって美意識のちがいが見られ、またファッショントレンドの影響を受けながら、時代とともに変化をとげている。

現在ファッションドールは、子ども向けでなく大人のアイテムとして広く受け入れられ、コレクション、手作りドレス(ホビー)など分野も細分化している。

人形の歴史―――その起源~戦後

人形――人間の姿に似せて作られた愛玩具。
その発生は古く、紀元前2000年頃のエジプト王朝まで遡る。最初は信仰の対象として存在していたが、平安時代に入ると、 貴族階級の間で「ひいな」という子ども用の人形があり、これらが互いに作用し合って江戸時代に「雛人形」として発達した。

「にんぎょう」という言葉が広く一般に用いられるようになったのは江戸時代からであり、商業の発達とともに、 人形の商品としての需要が盛んになる。人形製作技法もこの時代にめざましく向上し、精巧、優美な日本人形独特の作品が続出した。

明治時代以後には、欧米風の人形が主流となり、大正期から昭和期にかけてのセルロイド人形、縫いぐるみの文化人形が流行した。

戦後になると、1954年のミルク飲み人形、1957年には髪結い遊びのカール人形が登場。また1960年代に入ると、 1960年ビニール製の「ダッコちゃん」人形、その後ソフトビニール製の着せ替えファッション人形などが次々と登場。
従来は飾ったり、抱いて遊ぶ程度であった人形に、現在では様々なアクションを加えたものが近年の大きな傾向となっている。

また、子どもに限らず、大人にも幅広く親しまれている。

年代 人形たち 特徴
50年代 小鳩くるみちゃんのミルクのみ人形(54・マスダヤ)、カール人形(57・マスダヤ)、シシー(55・米・アレクサンダー・ドール社)、バービー・ドール発売(59・米・マテル社)、ジニー(米・ヴォーグ社) 【50~60年代前半】日本では1954年、マスダヤの小鳩くるみちゃんミルクのみ人形が大ヒット。1959年にアメリカでバービードールが発売される。 バービーのヒットの影響から、ヨーロッパでもセクシーなファッションドールが発売される。
1960
1961
1962 ポニーテール・バービー(米・マテル社)日本発売、バブルカット・バービー(米・マテル社)、タミー(米・アイディアル社)、 バービーのボーイフレンド・ケン(米・マテル社)
1963 シンディー(英)、バービーの親友・ミッジ(米・マテル社)
1964 バービーの妹・スキッパー(米・マテル社)、ミス・バービー(米・マテル社)、ミリー(仏・ジェジェ社)
1965 ミス・ナンシー(大池玩具)、アメリカンガール・バービー(米・マテル社)、ドリー(仏・ジェジェ社)
1966 スカーレットちゃん(中嶋製作所)、フランシー(バービーのいとこ・米・マテル社)日本発売、ミリー2代目(仏・ジェジェ社)、 トッド&トゥッティ(バービーの双子の弟妹)(米・マテル社) 【60年代後半】純国産のファッションドールが作られるようになる。1966年に日本で初のファッションドールである、 スカーレットちゃんが中嶋製作所より発売、1967年にはタカラからリカちゃんが発売される。 同年バービーも日本で発売されファッションドールは日本でも人気商品になった。
1967 リカちゃん・初代発売(タカラ)、ツイスト・バービー日本発売(米・・マテル社・ツイスト&ターン・バービー)、ツィッギー(米・マテル)、 ぺトラ(独・プラスティ社)、スカーレットちゃんの妹カンナちゃん(中嶋製作所)
1968 ハイファッション・リナ(タカラ)、イエス・ノー・ミニー(ツクダ)、パピーちゃん(大池玩具)、ミニーちゃん(大池玩具)
1969 リカちゃんのママ初代・香山織江(タカラ)、チビッコチーちゃん(タカラ)、だっこちゃんベビー(タカラ)、ミュゼ(伊・ファーガ社)
1970 こえだちゃん(タカラ)、レディリカ(タカラ)、ダンシング・ドォン(70年代初期・タカラ)、 マーガレットちゃん(70年代初期・中嶋製作所)、プチット姫(70年代・タカラ)、チャーム・スカーレット(中嶋製作所) 【70年代前半】多くのキャラクターで独特の世界観を作りつつあったリカちゃんのヒットに刺激され、 多くの国内メーカーがファッションドールを開発した。 アイドル歌手などのキャラクタードールなども登場し、ファッションドールの世界に広がりを見せた。
1971 ピチピチリカ(タカラ)、魔法のマコちゃん(タカラ)、ミスロングヘアー(タカラ)、虹のナナちゃん(シバ)
1972 リカちゃん2代目(タカラ)、リカちゃんの姉リエちゃん(タカラ)、あしながレギー(シバ)、マドモアゼル・ジェジェ(セキグチ)、 ブライス(米・ハズブロ社)、ディスコガールズ(英・レズニー社)
1973 エミリー(ニューロングヘアー)、おさんぽロコたん(中嶋製作所)、おどるリズミーちゃん(シバ)
1974 リカちゃんのふたごの赤ちゃんミキちゃん・マキちゃん初代(タカラ)、ピコ(タカラ)、キャンディちゃん(タカラ)、 ふしぎっ子エミちゃん(ツクダ)、スター人形ポピーちゃん(アグネス・チャン、リンリン&ランラン、キャンディーズ)、 モンチッチ(セキグチ)
1975 こんにちはユッコちゃん(トミー)、スポーツレディヨーコ(トミー)、ターニャ(70年代中期・伊・ジョッチ・プレジオシ社)、 ぺトラと仲間(70年代中期・独・プラスティ社) 【70年代後半】関節の動くドールが登場し、ポーズが自由にアレンジできるようになった。 また、ヘアーやレコードなどの仕掛けのあるギミックドールが発売された。アサヒ玩具から発売されたピンク・レディやベルサイユのばらなど、 キャラクタードールも多数発売されヒット商品となる。
1976 マリーフランソワ(タカラ)、ふたごのモンチッチ(セキグチ)
1977 ロングヘアーリカちゃん(タカラ)、こえだちゃんと木のおうち(タカラ)、チーちゃん2代目(タカラ)
1978 リカちゃんの憧れのお姉さんレディ・マリア(タカラ)キキ・ララ:星のおへや(タカラ)、キャンディ・キャンディ(ポピー他各社)
1979 リカちゃんのママ2代目(タカラ)、リカちゃんのふたごの赤ちゃんミキちゃん・マキちゃん2代目(タカラ)/※キャラクタードールピンクレディ(アサヒ玩具)、ベルサイユのばら(アサヒ玩具)
1980 パティー&ジミーのおうち、キキ・ララ月のおうち(タカラ)、ブラック・バービー(米・マテル社)、 スタイリング・シンディー(英・ぺディグリー社) 【80年代前半】1982年にタカラから和製バービーが発売され、大ヒットとなる。リカちゃんも大きくモデルチェンジをし、 15周年を迎えた1982年に3代目リカちゃんが発売された。
1981 アンナ(バンダイ)、ゴールデン・ドリーム・バービー(米・マテル社)
1982 リカちゃん3代目(タカラ)、タカラバービー(和製バービー・タカラ)、スイート・ノンノ(タカラ)、きらきらセーラ(トミー)
1983 まきまきカールのリカちゃん(タカラ)、リカちゃんのふたごの赤ちゃんミキちゃん・マキちゃん3代目(タカラ)、アンナちゃんのママ(バンダイ)
1984 エンジェルリカ(タカラ)、キャベッジ・パッチ・キッズ(ツクダ)
1985 リカちゃんのママ3代目(タカラ)、シルバニアファミリー(エポック社)、小公女セーラ(タカラ) 【80年代後半】アメリカ・マテル社のバービーが、コレクターズ・アイテムとしても注目されるようになり、 大人向けの商品アイテムが展開されるようになる。タカラバービーは、「ジェニー」に改名。デザイナーとのコラボレーションにより、人気はより高まった。 原宿・竹下通りに「ジェニーズショップ」もオープンした。
1986 人魚のリカちゃん(タカラ)、ジェニー(タカラ)、マーババービー(和製バービー・バンダイ)、エリーナ(オオイケ)、シンディー(米)
1987 リカちゃん4代目(タカラ)、リカちゃんのふたごの妹ミキちゃん・マキちゃん4代目(タカラ)、 リカちゃんのみつごの赤ちゃんかこ・みく・げん(タカラ)、BG倶楽部YOU(タカラ)
1988 星のシンデレラリカちゃん(タカラ)、デュ・エル(タカラ)
1989 ニューシンデレラリカちゃん(タカラ)、リカちゃんのパパ・ピエール(タカラ)、スターライトジェニー(タカラ)、 バンダイバービー(和製バービー・バンダイ)
1990 バービー・コレクターズ・シリーズ(米・マテル) 【90年代前半】1992年、リカちゃんが25周年を迎えた。おばあちゃんも登場しファミリーも増えて、 ますますにぎやかになった。芸能人ドールや人気アニメのドールなど、キャラクタードールも多種多様になった。
1991 おひめさまリカちゃん(タカラ)、エコロジーハート・ジェニー(タカラ)
1992 ピンキーピンクリカちゃん(タカラ)、ワールドリカちゃん(タカラ)、プレミアム・リカちゃん(タカラ)、 リカちゃんのおばあちゃん(タカラ)、スターライトヨシキ(タカラ)、ミラクルガールズ(タカラ)、赤毛のアン(タカラ)
1993 リカちゃんのママ4代目(タカラ)、ジュエリーリカちゃん(タカラ)、セーラームーン(バンダイ)
1994
1995 プレゼントリカちゃん(タカラ) 【90年代後半】1997年に30周年を迎えたリカちゃん。子どもだけでなく、 昔リカちゃんで遊んだことのある世代やコレクターを対象にしたタイアップ商品や記念商品も積極的に展開している。 ジェニーはフレンドドールを増やし、99年夏までに総勢37人のキャラクターが登場している。
1996 シンボルリカちゃん(タカラ)、ダンシングリカちゃん(タカラ)
1997 リカちゃんのアルバム(タカラ)、サイクリングリカちゃん(タカラ)、ANA’sリカちゃん(タカラ)、高校生リカちゃん(タカラ)、 ジーン「アイスコーヒー」(米)、ナンシー(西・ファモサ社)、シシー(米・アレクサンダー・ドール社)
1998 パリジェンヌリカちゃん(タカラ)
1999 リカちゃん七福神(タカラ)、ハッピースマイルリカちゃん(タカラ)、ストリートリカ
2000 ネオリカ(タカラ)、サミットリカちゃん(タカラ)、ターニャ(GiochiPreziosi/トミー) 【2000年代前半】大人向けのファッションドール、ブライスやmomokoが発売され大人気に。 リカちゃんもハイ・ターゲットにしたネオリカが発売。沖縄サミットリカちゃんやリカちゃんがママになるという、 こんにちはあかちゃんなど、話題提供にも一役を担う。
2001 リカちゃんのママ5代目(タカラ)、こんにちはあかちゃん(タカラ)、ブライス(タカラ)、momoko(ペットワークス)
2002 アイドルリカちゃん(タカラ)、ブラッツ(MGAEntertainment,Inc/タカラ)
2003 スペシャルバリューリカちゃん(タカラ)

※ 各プロジェクト単位での表示となっておりますので、年代にばらつきがあります。

参考文献

  • 「ファッションドール大図鑑」純子セラフィーナ著(同文書院)2000年
  • 「少女人形論」日本女子大学教授増淵宗一郎著(講談社)1995年
  • 「日本人形玩具辞典」斎藤良輔編(東京堂出版)1997年

Page Topへ ▲