日本玩具文化財団トップページ

おもちゃ情報

知る・考える

見る・体験する

参加する・貢献する

買う・楽しむ

助成事業 活動実績

おもちゃの教育性、文化性、芸術性など、おもちゃの持つさまざまな力の研究と調査、及び、その成果など通じた実践活動などに関わる個人・団体を対象に助成など行っています。

第1回~第5回までの資料につきましては、「教育者・研究者のための遊び・おもちゃに関する研究集Ⅰ-奨励研究成果集-」にまとめております。現在は、委託研究を行っており、一般公募は行っておりません。対象者の役職等は、交付当時のものです。

奨励金交付

1993年 第8回交付対象者

吉江 庄蔵 (吉江工房「てん」主宰) 数個のパーツによる円環構造玩具
徳山 高志 (国際アニメーションフィルム協会会員) 新素材のアーマチュアによるアニメ用人形
神野 善治 (文化庁文化財調査官) 民間信仰における人形の役割
是沢 博昭 (日本人形玩具学会運営委員) ‘教育玩具’出現と伝統的人形玩具観の変遷
松田 総平 (聖和大学大学院講師) 野外活動におけるインタラクティブ図鑑
吉田 敦也 (京都工芸繊維大学助教授) 家庭内電子ネットワークとバーチャルごっこ
岡田 猛 (カーネギー・メロン大学心理学科) 積木を用いた遊びと科学的思考の発達
田中 司 (立教小学校教諭・理科) ヨーロッパ古楽器の製作と演奏
白川 蓉子 (神戸大学発達科学部教授) 数量・形・言葉の発達とゲーム・玩具創作
今井 澄子 (慶応義塾大学看護短期大学助教授) 闘病意欲と‘手作りおもちゃ’
迫田 茂 (熊本市教育委員会社会教育主事) 異年齢集団の人形製作と地域おこし
星 三和子 (東京家政学院筑波短大助教授) 玩具を通した子どもへの社会化情報伝達

Page Topへ ▲

1992年 第7回交付対象者

来住 直哉 (学校法人松泉館六甲幼稚園教諭) 斜面遊びを発展させる創作遊具の研究
城 仁士 (神戸大学人間環境科学科助教授) ファミコンゲーム状況下でのストレス反応
石黒 広昭 (宮城教育大学教育学部助教授) 玩具を媒介とした異文化コミュニケーション
畠 秀史 (財団法人日本棋院囲碁専門棋士) 遊びと学習を統合するゲーム学習
佐藤 公治 (北海道大学教育学部助教授) 学校5制と子どもの生活・遊び調査
金森 裕治 (大阪府立盲学校教諭) 視覚障害児用コンピュータ・ゲーム・ソフト
湯地 宏樹 (広島大学教育学科大学院生) 幼児のファミコン遊びと認知能力との関係
立目 章 (北九州市立北九州養護学校教諭) 運動障害児が一人で遊べる玩具、コンピュータ
武田 淳 (琉球大学保険学科助教授) 南西諸島の伝統玩具にみられる動植物
光田 基郎 (徳島大学総合科学部助教授) 電算画面のモデルに従った折紙作成過程
是沢 博昭 (東野高等学校講師) 国際交流における日本人形の役割の変遷
谷中 優 (松戸市立高木小学校教諭) コンピュータ・コントロールによる音遊び
寺田 節治 (神奈川県立鎌倉養護学校教諭) 周りにうまく働きかけられない障害児と玩具
寺本 潔 (愛知教育大学地理学教室助教授) 子どもの遊び空間と玩具の関係
田中 士朗 (千代田区立芳林小学校教諭) 子どもが進んで考えるコンピュータの利用
平山 許江 (東京学芸大学付属幼稚園教諭) 乳幼児のボール操作に関する研究
水上 喜行 (大阪教育大学美術学科教授) Basic-Designから生まれる玩具兆候群
西野 知子 (愛知県心身障害児コロニー技師) 統合保育園のリソース・ルームにおける玩具の機能
白川 公子 (国立小児病院発達心理室) 赤ちゃんが最初に出会う玩具
福島 勇 (福岡市立今津養護学校教諭) 肢体不自由児のための玩具開発
丸野 俊一 (九州大学教育学部助教授) 玩具遊びを媒介にした創造的思考の啓発
吉川 はる奈 (お茶の水女子大学生活科学部) コミュニケーションにおける相互調整の発達
飯森 裕一 (太田西ノ内病院小児科医長) 発達障害児の神経学的な診断と玩具
玉村 公二彦 (奈良教育大学講師) 幼児用ガラガラと母子の相互関係

Page Topへ ▲

1991年 第6回交付対象者

磯部 彰 (富山大学人文学部助教授) 「中国影絵人形芝居と童蒙教育についての研究
-木偶人形芝居との関連も併せて」
武田京子 (岩手県教育学部家政科助教授) 「家庭教育史からみた“ひな遊び”
増田 公男 (金城学院大学短期大学部助教授) 子どものビデオゲーム遊びの追跡研究
谷中 優 (松戸市立高木小学校教諭) 「音の出るおもちゃ」の製作と合奏体験
福岡 貞子 (四条綴学園女子短期大学助教授) エプロンシアターの研究
湯沢 正通 (広島大学教育学研究科) 幼児の仲間関係における玩具の役割
石橋 尚子 (名古屋短期大学講師) おもちゃのファジィ性と幼児の象徴遊び
三尾 綾子 (財団法人国際メディア基礎研究財団) 幼児との音声対話インターフェイスの研究
徳田 克己 (筑波大学心身障害者系講師) 視覚障害幼児のための手作り玩具作成方法
城 仁士 (神戸大学教育学部助教授) 幼児の社会的行動における玩具の役割
玉井 ふみ (心身障害児総合医療療育センター) 聴覚障害を伴う重複障害児の療育と玩具

Page Topへ ▲

1990年 第5回交付対象者

荻野 美佐子 (上智大学文学部心理学科講師) 「母子のおもちゃ遊びにおける日米の文化差」
蓮見 元子 (国立小児病院発達心理室) 小児病棟における玩具の役割に関する研究
茂手木潔子 (上越教育大学芸術系助教授) 「日本の伝統的な音具の研究-シーボルトコレクション玩具調査を参考に」曹洞宗ボランティア タイの子どもへの人形劇導入
松尾 久枝 (愛知県心身障害者コロニー助手) ハイリスク児の精神発達に及ぼす超早期療育
松田 総平 (豊中文化幼稚園主事) 子どもの表現活動を広げるコンピュータ玩具
小川 博久 (東京学芸大学教授) 幼稚園の保育環境における玩具の役割
小椋 たみ子 (島根大学教育学部助教授) 母子の玩具、絵本遊びに見る言語認知発達
中川 泰 (大阪市立五条小学校教諭) 異年齢今号児童の遊具
佐藤 容子 (宮崎大学教育学部助教授) 統合保育場面での障害児の遊びにおける玩具
和田 香誉 (埼玉県立衛生短期大学講師) 注意欠陥、多動障害の療育における玩具
子安 増生 (京都大学教育学部助教授) TVゲームが小学生の認知発達に及ぼす影響
乾 淑子 (北海道東海大学講師) 非西欧諸国の絵本-幼児期からの国際化教育

Page Topへ ▲

1989年 第4回交付対象者

藤崎 春代 (帝京大学文学部心理学科助教授) 幼稚園等での仲間入り・仲間はずれにおける玩具の役割
藤崎 真知代 (群馬大学教育学部助教授) 幼児のコンピテンスの発達における玩具の役割
藤本 浩之輔 (京都大学教育学部教授) 日本と世界のお手玉の祖形の伝承と分布
村榮 喜代子 (京都造形活動研究所代表) 児童の玩具制作活動に関する研究
米谷 光弘 (西南大学児童教育学科助教授) 異文化の遊び集団における玩具遊び
諸井 克英 (静岡大学社会学科助教授) 玩具を媒介とする性役割の継承
湯川 嘉津美 (香川大学教育学部講師) 博覧会と教育玩具の誕生
植木 哲 (京都府立医科大学教授) 玩具の欠陥と製造物責任
遠藤 めぐみ (東京大学心理学科特別研究員) 「ハンコ」を使った「お手紙ごっこ」教育
渋谷 重弘 (青森中央短期大学助教授) 大型遊具の創作と子どものかかわり
佐藤 正恵 (東北大学大学院大学院生) 健常及び精神発達遅滞乳児の発達を促す玩具
荘厳 舜哉 (大阪学院大学教養部助教授) 友達が占有している玩具を使用する際の戦略

Page Topへ ▲

1988年 第3回交付対象者

矢野 智司 (香川大学教育学部助教授) おもちゃをめぐる<けんか>-<和解>
過程のコミュニケーション論的解明
出水 力 (香川大学教育学部助教授) おもちゃをめぐる「けんか」
無藤 隆 (お茶の水女子大学家政学部
児童学科助教授)
小学生女児の人形を使ったごっこ遊びの発達的研究
二瓶 健次 (国立小児病院神経科医長) 発達障害児に対する玩具の発達学的検討
森下 みさ子 (お茶の水女子大学児童学科) 我が国における玩具絵本の創始
荘厳 舜哉 (大阪学院大学教養部助教授) 友達と遊べる子と遊べない子の玩具使用行動
大竹 勝 (財団法人日本モンキーセンター) サルをモチーフとした郷土玩具の研究
木河 正子 (益田市保育研究会保育園長) ほほえみ絵本を通して育てよう、言葉の土壌

Page Topへ ▲

1987年 第2回交付対象者

小西 長治 (北海道白樺高等養護学校教諭) 学習意欲を高める自作教具の作製と活用
大隈 淳子 (松江赤十字乳児院院長) 廃品等を利用した手作り玩具の作成
宇治谷 恵 (国立民俗学博物館資料室文部技官) 子供行事と玩具のかかわりあい」の研究
皆川 美恵子 (十文字学園女子短期大学講師) 「桑名日記・柏崎日記」にあらわれた玩具
中村 総平 (頌栄保育園保父) 遊具としてのコンピューター利用
今井田 道子 (聖心女子専門学校専任講師) “ままごと童具”と子供-世界のままごと童具の比較研究
栗山 容子 (国際基督教大学準教授) 2~3歳児の象徴遊びと玩具の役割

Page Topへ ▲

1986年 第1回交付対象者

石郷岡 泰 (新潟大学教授) 未熟児で生まれた児に対する人形と玩具
北原 礼子 (手作り布絵本の会) 布の絵本・遊具を活かす
小西 正捷 (立教大学文学部教授) 人形・ぬいぐるみ・仮面の“顔”に対する比較研究
渋谷 寿 (名古屋女子大学家政学部児童学科助手) 創作による木の玩具及びそれらと子どものかかわり
持田 良和 (龍谷大学大学院院生) 子どもがおもちゃを所有することの意味

Page Topへ ▲

論文コンテスト

1991年 第6回論文表彰対象者

高橋 敏之 (作陽短大講師・幼児教育学科) 身体的遊びを支援する可動式木製大型遊具開発
菅野 郁子 (杉並区立荻窪児童館主事) 児童館の大型行事「遊び市」の実践
岡田 秀美 (群馬県中央児童相談所判定員) 言語発達地帯児と「はめ絵」について
細川 孝子 (芦屋市立浜風小教諭) 伝承おもちゃで「ふれあい」体験
石丸 千絵 (ピアノ講師) 讃岐の郷土玩具「奉公さん」に見る玩具文化
片桐 嶺子 (北海道クリスチャンセンター福祉会) 発達障害児に学ぶ集団遊びのための遊具作り
宇野 由美子 (主婦) おもちゃの収納について
大園 淑子 (鎌倉人形美術館学芸員) 西洋における子ども人形の誕生

Page Topへ ▲

1990年 第5回論文表彰対象者

白川 公子 (国立小児病院心理療法士) クーゲルバーンに対する発達障害児の反応
高濱 裕子 (福島大学大学院学生・教育学) 男児の「ごっこ」にもっと応援を
田畑 千秋 (名瀬市立奄美博物館学芸員) 奄美名音集落の子ども遊び
岡本 英生 (神戸大学大学院生・教育) 創造性を豊かにする玩具の提案
加藤 理 「あまがつ」についての一項察
久保田 修 (山梨幼児野外教育研究会会員) 幼児の遊びに影響を及ぼす「状況」づくり
高橋 敏之 (作陽短大講師・幼児教育学科) 幼児のための木製ジグソーパズル

Page Topへ ▲

1989年 第4回論文表彰対象者

谷中 優 (松戸市立高木小教諭) 音の出るおもちゃ作り再考
小宅 そのえ 相互扶助の会「タンポポの会」 布おもちゃの楽しみとその可能性
乾 淑子 (北海道東海大学講師) 非西欧世界の絵本
豊泉 尚美 (富山美術工芸専門学校講師) おもちゃを通して見えるもの
曳田 宏 (鶴川桔梗保育園) 積木作りから見えてきたこと
宍戸 照雄 (大阪総合医学教育研究会) 乳児とサッカーボール
大田 光洋 (宮城学園女子短大付属幼稚園) ジグソーパズル解き行動と幼児の創造性
今野 歩 (聖亜幼稚園) 遊びの中の扉について

Page Topへ ▲

1988年 第3回論文表彰対象者

板橋 正憲 (横浜市立野毛山動物園技術吏) 「彼ら」と私
安藤 信男 (函館市立大森小教諭) 玩具で遊ぶYちゃんに教えられたこと
川島 浩子 (清和大学児童相談研究所助手) ミニカーの秘密
松村 静二 (私立高岸幼稚園理事) ピッキーはおいしいよ
白石 雅一 (社会福祉法人嬉泉めばえ学園) 自閉児の遊び~玩具と治療療育
中村 哲 (兵庫教育大学助教授) 大型積木遊びの動機づけと活動形態

Page Topへ ▲

1987年 第2回論文表彰対象者

橋本 例子 (伊丹市立花里小教諭) 音を作って遊ぶ
太田 素子 (高知大学教育学部講師) 近世あそび文化と子どもへの教育関心
佐藤 俊夫 (ふじ発達障害研究所顧問) 盲を伴う重症心身障害児に対する創作玩具
川端 美奈子 (札幌大谷短期大学美術科学生) 私の人形
畑本 光興 (沼津おもちゃ病院) 沼津おもちゃ病院10の修理を通して

Page Topへ ▲

1986年 第1回論文表彰対象者

鴨下 宣彦 (愛知教育大学付属小教官) 子どもを意欲的に追究させるための考察
今井 和子 (川崎市立宮崎保育園) 三歳未満児の探索活動における考察
細川 紀久子 (日立教育ヘルパーの会) おもちゃで遊べる力
熊谷 信夫 (大阪ブリキ玩具資料室長) 近代玩具収集とその意義
細田 園子 (主婦) 帰らぬ人形

Page Topへ ▲

補遺   朝日創作おもちゃコンクール特別部門―論文表彰

1988年「第4回朝日創作おもちゃコンクール」

最優秀 新井 史子(主婦) 記念日のおもちゃ
佳作 多賀 幹子(主婦) 真っ黒いギャベッジ・パッチ・キッズ
佳作 竹下 淳子(大学講師) 乳幼期に与えるおもちゃ
佳作 中山 明子(小学校教員) 子どもとおもちゃのかかわり

Page Topへ ▲

1987年「第3回朝日創作おもちゃコンクール」

最優秀 渋江 千恵子(主婦) おもちゃの教育性
佳作 上野 絹江(主婦) 成長と遊び心を与えてくれたおもちゃ
佳作 佐藤 節子(会社員) おもちゃに代わるおもちゃはいない
佳作 高山 順子(主婦) 男の子のおもちゃ、女の子のおもちゃ

Page Topへ ▲

1986年「第2回朝日創作おもちゃコンクール」

最優秀 名倉 由美子(大学生) 形のあるものが好き
佳作 安井 司(中学校校長) 指を使って遊ばせることの大切さ
佳作 佐藤 節子(主婦) 有能なる家庭教師
佳作 室谷 興志男(高等学校教諭) おもちゃの役割

Page Topへ ▲